化学系専門科ではどのような勉強をするの?

 化学系学科は化学工業を対象に誕生しましたが、特に岡山県南部の水島石油化学コンビナートの発展とともに化学系学科もたくさん設置されました。現在その応用は、化学工業の他にエネルギー,地球環境,新素材,バイオテクノロジー,医療,資源,リサイクルなどなど、多くの分野に広がっています。
産業に必要な素材を供給するのが「化学工業」の役割です。鉄・銅・アルミ・ガラス・セメント・プラスチック・化学繊維・化石燃料・ゴム・医薬品・化学肥料等の無い生活を想像出来ますか?
 半導体技術の進歩によってコンピュータが発達したように、新素材も想像が出来なかったような製品を生みだします。このように「化学工業」という分野は素材を通じて産業全体を支え、技術革新をリ−ドしています。このように技術革新のめざましい化学工業の基礎から応用まで詳しく学習します。また,私たちの生活にとって欠かすことのできない繊維製品についてもその素材から製品に至るまでを、コンピュータや最新の機器を使って学習します。また、デザインの学習を豊富に取り入れて、完成度の高いものづくりをめざします。
 総合学科の化学系では地場産業であるセラッミクス(やきもの、れんが、ガラス、セメント、ファインセラッミクスなど)の学習も行います。岡山南東部に六古窯の一つである備前焼があり、化学系でも備前焼などの伝統工芸も学習できます。






化学系専門科ではどんな資格がとれるの?

  化学系専門科では

(1)在学中に取得可能な資格・検定

           
(2)卒業時に必要な単位取得で取得可能な資格
    ★毒物劇物取扱者責任者

  などがあります。
  また,学科によっては,他にも取組んでいる資格や検定もあります。



化学系専門科の卒業生の進路は?

 全体に化学系学科の卒業生は就職者が多く,進学して4年生大学・短期大学・専門学校・高専への編入等をする生徒もいます。就職者は化学工業系の分野が多く,水島石油化学コンビナートにも県下各地の学校から就職しています。
化学系企業はもちろんのこと,製薬会社,耐火物関連会社,建材メーカー,学生服関連等幅広い分野に就職しています。





化学系専門科の年間の行事やコンテストは?

5月〜6月 工場見学
7月 高校生ものづくりコンテスト(化学分析部門)岡山県大会
7月〜8月 インターンシップ
8月 高校生ものづくりコンテスト(化学分析部門)中国大会(全国大会予選)
2月 岡山県高校デザイン展




化学系専門科にはどんな人に向いているの?

★化学の実験が好きな人・化学の不思議に魅力感じている人
★理科が好きな人,おもしろいと思う人
★石油化学コンビナートで働きたいと思っている人
★岡山県の伝統産業に従事したい人
★繊維等の地場産業に従事したい人



化学系専門科のある学校は?

岡山工業高等学校 化学工学科 http://www.okako.okayama-c.ed.jp/
東岡山工業高等学校 工業化学科 http://www.toko.okayama-c.ed.jp/
倉敷工業高等学校

工業化学科 

ファッション技術科

hhttp://www.kurako.okayama-c.ed.jp/
津山工業高等学校 工業化学 http://www.tsukou.okayama-c.ed.jp/
水島工業高等学校 工業化学科 http://www.mizuko.okayama-c.ed.jp/
備前緑陽高等学校 総合学科(化学系) http://www.ryokuyou.okayama-c.ed.jp/top.htm